<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

討ち取ったりぃ~

今週の金曜日のアーバンの店舗予選に参加します。
デッキは3候補くらいで悩んでいます。

一番妥当なのは、いつもの傾国かなぁ・・・
SR貂蝉・R華雄・R馬岱・UC李儒・R周泰


あとは、○○傾国
SR貂蝉・SRサイ文姫・R馬岱・R成公英・UC李儒・UC董白・C蔵覇


或いは、スネ夫遮断
SR錦馬超・R成公英・R馬岱・UC李儒・UC董白・C候成



Vs.鮑三娘
いつもの~:周泰or華雄の瞬間的な殲滅力で対応。△
○○傾国:成公英で対応。○
スネ夫遮断:成公英。○

Vs.・・・・?

もう最近鮑しかないから、鮑だけ考えてればいっか。

今日の最強カード
[PR]
by sushi133 | 2007-04-25 12:07 | 三国志大戦

死に急ぐこともなかろうに

spknは今すぐ三国志大戦セリフ集の画像つきページの画像作成に参加しなさい!
余もそう思います。あと、ビニールもwwwwww


余は機会さえあれば必ず、対戦相手を挑発するし、莫迦にするし、おちょくります。
「何故、そんな事をするのか?」と聞かれたこともあります。

その答えは簡単です。
それは、対戦相手の事が大嫌いで憎くて憎くてしょうがないからです。


三国志大戦の全国対戦では大抵の場合、マッチングする対戦相手とは初手合わせで、名前も知らないし、顔を見たことも声を聞いたこともない全くの他人なのに、何故余は対戦相手の事が嫌いなのか?

それは、向こうが余に勝とうとするからです。
余は対戦相手が勝とうとする所為で負けてしまうリスクを負うことになります。
たとえ、結果的に余が勝ったとしても余を倒そうとする事自体が罪深いおこがましい行いであり、余がその対戦相手の事を嫌いになる理由としては十分なのです。


誰でも大嫌いな奴には敬意なんか払わないし、意地悪したくなるでしょ?そういうことです。

今日の最強カード
[PR]
by sushi133 | 2007-04-24 03:01 | 三国志大戦

息絶えるがいい

エントリーのタイトルは毎回、三国志大戦の武将セリフorフレーバー・MTGのフレーバー・稀にその他の名言迷言です。

中でも一番多いのは三国志大戦の武将セリフです。
そしてその武将セリフを選ぶ時にいつも余が利用してるのがこの三国志大戦セリフ集様なんですが、最近画像付きセリフ集の作成を始められたらしいです。

先が見えない壮大な計画っぽいです。
助けてあげたいのは山々なんですが、余のあの華雄(半年くらい前の絵日記の)のクオリティじゃ役に立てそうに無いな……

今日の最強カード
[PR]
by sushi133 | 2007-04-23 02:16 | つまらない事

美しく勝てましたね

4月上旬コミスタ神戸
T2スイス5回戦最終ラウンド
1-1,残り時間:2分
敵1T:≪Watery Grave ≫タップイン

余の1T:≪Godless Shrine≫タップイン

敵2T:≪島≫セット。≪Thought Courier≫キャスト

余2T:≪Flagstones of Trokair≫セット

敵3T:≪島≫セット

余3T:≪Caves of Koilos≫セット。≪Phyrexian Totem≫キャスト.エンドフェイズに敵が≪Thought Courier≫の能力起動、≪Akroma, Angel of Wrath≫を墓地へ

敵4T:≪島≫セット。≪Akroma, Angel of Wrath≫を対象に≪Zombify ≫キャスト。余がレスポンスで≪Phyrexian Totem≫から黒マナ出して≪Akroma, Angel of Wrath≫≪Extirpate≫

余4T:≪Vesuva≫を≪Godless shrine≫のコピーとしてタップイン。≪Phyrexian Totem≫でアタック、敵ライフ15。エンドに敵が≪Thought Courier≫能力で手札交換、Dread Return を墓地へ

敵5T:≪Thought Courier≫≪Drowned Rusalka≫キャスト

余5T:≪Orzhova, the Church of Deals≫セット。≪Phyrexian Totem≫でアタック、敵ライフ10。エンドに敵が≪Thought Courier≫能力で手札交換、≪Bogardan Hellkite≫を墓地へ

敵6T(L5T):≪Thought Courier≫2体と≪Drowned Rusalka≫1体でアタック、余ライフ17。3体生贄にDread Return ≪Bogardan Hellkite≫キャスト。余がレスポンスで≪Temporal Isolation ≫≪Bogardan Hellkite≫

余6T(L4T):≪沼≫セット。≪Phyrexian Totem≫でアタック、敵ライフ5

敵7T(L3T):≪Drowned Rusalka≫キャスト。エンドに余が≪Mortify≫

余7T(L2T):≪Phyrexian Totem≫でアタック、敵ライフ0


ヘルカイトもアクローマも見てから余裕でしたwwwwwww
制限時間ギリギリの対戦だったので大量のギャラリーの前での試合。
あれだけギャラリー付いてれば余が負けるなんてあり得ないですね

今日の最強カード
[PR]
by sushi133 | 2007-04-22 04:38 | MTG

二度と立てぬようにしてくれる

プレリトーナメントに行ってきました。

シールドは5色スリヴァーが2枚とかオーグとかレアの弱さに絶望しました。
余がシールドであんな弱いパック引くのは珍しい・・・

その後のブードラは楊先輩、燃える男、余で1・2・3フィニッシュしました。



ブードラ1戦目

シールドが弱パックの割には頑張れたから、ブードラはあんまりガチじゃなくて軽く遊ぶくらいの気持ちだったんですが、初戦の相手がエコーの事をネチネチ言ってきてイケ好かなかったのでガチで2タテして凹まして再起不能にしてやることに。

あと、変な事言ってました。
余「とれすぱっさ~いるべくプレイ」
相手「陰鬱な失敗
余の手札はぶらいとすぴ~か~1枚、場には≪スカーク峠の掘り起こし≫がいたので、レスポンスで≪スカーク峠の掘り起こし≫の能力で手札捨てて≪ただれたゴブリン≫トークンを出そうとすると、対戦相手は
c0057744_0324054.jpg

「陰鬱な失敗は打ち消すのと手札捨てるのが一緒になってるのでもうその手札をコストとして捨てることはできない」

とか言い出しました。先のエコーの事もあったので、余は意地悪く小莫迦にしたように言う
本気でそう思うならジャッジを呼んでも良いですけど、こんな初歩的なスタックルールの説明をジャッジにさせるのも忍びないですから、もう一度光ってるロウクスが入ってるセットを買ってみてください。

その後、軽く説明したところ彼は
そうか、なるほどそのタイミングか
とか言ってました。
あの状況で陰鬱な失敗にレスポンス以外のタイミングでただれたゴブリン出すタイミングがあったら教えてください。



そして、終盤。
ガチで2タテして凹ませようと思ったものの余の状態はシビア。
c0057744_0523588.jpg

対戦相手には十分な数の地上ブロッカーと3/3飛行アタッカー。
ライフは余:相手=3:3、手札0、その後のドローで得たカードは沼

対戦相手が例の「騒がしい男」だったなら、投了かもしれなかった。
しかし、余はここまでの経緯で知っている。
この対戦相手が大した実力がない小物だと言うことを

だから、余は小芝居を演じることに。

まず、今引いたばかりの唯一の手札ののテキスト欄を読み耽り(と言ってもマナシンボルが描かれているだけだが…)、首を傾げ、相手の場を確認、相手に残ライフを尋ね、アンタップ状態のクリーチャーを無駄に確認し、考え込み、ただれたゴブリン3体でアタック。

対戦相手は余の手札の沼に怯えて≪爛れたゴブリン≫を3体ともブロック。
3体のゴブリンの墓地に落ちた時の効果で相手の3/3飛行を撃ち落とす。

そして、対戦相手のエンドフェイズに手札の沼を捨ててゴブリンに変えて種明かし。


謀られていたことに気づき、絶望し、悔やみ、怨嗟の視線を余に投げかける対戦相手の顔、最高ですね

その後はペースを崩した対戦相手を嬲り殺し、次の試合はその勢いのまま≪Phyrexian Totem / ファイレクシアのトーテム像≫でフルボッコにして終了。


やっぱり、MTGは殺伐としてる方が楽しいね。
燃える男はすぐ隣で超マッタリやってました。

今日の最強カード
[PR]
by sushi133 | 2007-04-21 00:09 | MTG

私は元気デース

MTG既知外列伝というスレがあります。

そのスレを飾る様々な既知外達の逸話は余にとって、極自然に受け入れられる過去の余とその周辺に通じるような話ばかりでした。

あの既知外達を他人だとは思えない。



そして、その既知外の一人横田という人物
<横田>
《税収/Tithe》を「タイツ」、《無効/Annul》を「アンヌル」と叫ぶ、絶望的な英語力と、それに反比例した高い実力の持ち主。


お前本当に高校出たのか?と
[PR]
by sushi133 | 2007-04-14 13:40 | MTG