どんな森も、その足もとは無数の樹木の亡骸に覆われている。

黒の呪文は常に崇高なる目的の為に高潔なる意志によって、愚かで醜悪なる生有るものの死を掌握し打倒してきた。


故に、逆に生を持たないものは黒の呪文では殺し得ないし、生を持たぬものは黒の呪文に恐怖することもない。






なんだこれは


Soul Reap / (魂の刈り取り) (1)(黒)
ソーサリー Eventide コモン
緑でないクリーチャー1つを対象とし、それを破壊する。このターンに他の黒の呪文をプレイしているなら、そのコントローラは、3点ライフを失う。
(44/180)
Destroy target nongreen creature. Its controller loses 3 life if you've played another black spell this turn.



緑を殺せない除去に価値などないわぼけなすかすしね。というゲーム的な不平不満もさることながら、なんだこのイメージを完全に無視したデザインは?

イラストもフレーバーもまだ見えてないからどういうデザインなのかははっきりとは分からないが、《魂の刈り取り》(仮)という名前で緑のクリーチャーを殺せずに黒のクリーチャーを殺すとはどういう了見だ?

100歩譲って、命ではなく魂を刈り取るのだから黒のクリーチャーも殺せるとしたとしても緑のクリーチャーを殺せない根拠がどこにもない。

さらに言うならば、これが黒緑のマルチ或いはハイブリッドのカードなら自身と同じ属性のものには効かないというイメージ的・ゲーム的な雰囲気も分からなくないが(それなら黒でも緑でもないクリーチャーを対象とするべきだが)この呪文は黒単色。
黒単色の呪文で緑に効果が無いとはどういうことだ?




意味が分からない



このカードデザインしたやつはマジでセンスないよ。
さっさと転職したほうがいい
[PR]
by sushi133 | 2008-06-29 18:00 | つまらない事
<< 裏切り者は許さん 予言してみろ・・・お前の数分後をな >>