悶絶せよ

日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動

金曜の夕方ニュースで特集組まれてるのを見て、これは絶対に"痛いニュース"にスレが載るだろうなぁと思ってたら案の定。


大分、昔にカルピスだかカルパスだかの"街中に氾濫している美少女アダルトアニメ雑誌やゲームは、小学生の少女をイメージしているものが多く、このようなゲームに誘われた青少年の多くは知らず知らずのうちに心を破壊され、人間性を失っており、既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている"云々の美少女ゲーム等の規制に関する請願が提出された頃に、美少女ゲームの規制論に対する世間一般の認識やマスメディアの報道について、"自分が嫌いなものは規制してしまえ"というよりも"自身の興味の外にある問題への無関心"故に突飛な規制論は賛同される。というような事を書いた記憶がある。


が、今回はそれ以前の問題で、基本的に日本国内向けに製作され国内で販売されているものを外国人がちょっと普通じゃない方法で入手しプレイした結果、海外のカスパルみたいな団体が日本政府と日本のゲーム製作会社に抗議文を送ろうとしてるという話。

これは日本政府や日本の制作会社に抗議文を送るというのはお門違いで、向こうで件のゲームを入手できないように向こうの政府に規制強化や法整備を求めるのが正しいはずである。


例えるなら、yourfileや共有ソフト等で洋物の無修正AVが入手できる事に憤った日本の何らかの団体がモザイクのかかっていないAVを製作・販売してる事を批判し、外国政府や海外のAVメーカーに抗議文を送るようなもの。全く見当違いなおかしな話だ。






けいおん

唯勢:風雅
澪勢:びにーる・TT・ぶ○ぶ○の管理人
葎勢:燃える男
眉毛勢:はねくん
さわちゃん勢:余
憂ちゃん勢:やさぐれ親父



大方の予想通りの傾ぎ方をしてきた。
[PR]
by sushi133 | 2009-05-11 04:51 | つまらない事
<< 不逞の輩を討伐せよ! 罪人はどこだ? >>