カテゴリ
全体
つまらない事
RO
MTG
三国志大戦
妄想☆代理人
未分類
お気に入りブログ
天翔十字狼
砕蔵のマンドク記
深夜のオムドリ
黒いカバンの中身
らぶりーべいべー
論破王が論破する
なぎりんりん♪
深夜の散歩道
燃える男の道
前線からの手紙@風雲龍虎編
やさぐれ親父の独り言・G
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月


廻せ廻せ廻せ廻せ廻せ廻せ

最終日。
今日は賞金のかかったT2の併催トーナメントがあるのでそれに参加。
T2は得意分野であり、昨日と一昨日で勝てることも実証済み。

あfk
あと、ポートライナーで同じ車両乗ったやつが余のデッキの話しててウケましたwwwwww



新T2環境のために余が組んだデッキは


絶望への拷問
10:Swamp / 沼
5:Plains / 平地
4:Caves of Koilos / コイロスの洞窟
4:Godless Shrine / 神無き祭殿
1:Orzhova, the Church of Deals / 取引の教会、オルゾヴァ

4:Ravenous Rats / 貪欲なるネズミ
4:Hypnotic Specter / 惑乱の死霊
2:Angel of Despair / 絶望の天使

4:The Rack / 拷問台
4:Castigate / 酷評
3:Phyrexian Totem / ファイレクシアのトーテム像
4:Stupor / 呆然
3:Phyrexian Arena / ファイレクシアの闘技場
4:Mortify / 屈辱
4:Wrath of God / 神の怒り




1ラウンド目でいきなり地雷デッキと当たる。
まぁ、地雷デッキなのはお互い様。

青緑のTrade Routesパーミッション。
基本はパーミッションなのでほとんどお客様。
1戦目は相手のデッキが機能する前に拷問台送りにして瞬殺。

2戦目はめちゃくちゃ粘られる。
Trade Routes / 交易路でThe Rack / 拷問台のダメージを回避され始めてからねばられ、ランドサーチとランド回しで時間かけられてタイムアウト。

1戦目で取っていたからとりあえず、勝利だがいきなりオポ下がってげんなり…


2ラウンド目のセレズニアはラスゴゲーで勝利。
しかし、ここでも1本取られてオポ下げる。


次のミゼットロンはStupor / 呆然連打で終わる


4ラウンド目はメタの中心の太陽拳デッキ。
メインボードはStupor / 呆然のランダムでZombify / ゾンビ化落とし、Phyrexian Totem / ファイレクシアのトーテム像でボッコボコに殴り。
2戦目は、サイドから入ったLeyline of the Void / 虚空の力線が初手に入って試合終了。
メタの中心にあったデッキだけあって流石に負けない。
しかし、太陽拳デッキメタの中心で実際の数も多かったわりにはこれまでさっぱりあたらなかったなぁ・・・
対策されすぎて上に上がれてないのかな・・・?


5ラウンド目に赤緑ポンザ(?)に当たる。正直超萎える。
一戦目はThe Rack / 拷問台で削りきり2戦目はランデスされたところにランドがとまって負ける。
そして三戦目に・・・
余はThe Rack / 拷問台で、相手はエルフ・像・狂戦士でビートダウン、余はWrath of God / 神の怒りで敵を一掃、相手はKrosan Grip / クローサの掌握でThe Rack / 拷問台を破壊。

一進一退の攻防の末、お互い手札も無く、場にも何もない状態で硬直。
余はCircle of Protection: Red / 赤の防御円を張って、守りを固め、相手は返しのターンでSeal of Fire / 炎の印章をセット。次のターンでHypnotic Specter / 惑乱の死霊を召還するも、即座にSealで焼かれる。

その後、相手はCall of the Herd / 獣群の呼び声を、余はWrath of God / 神の怒りを引き、相手は象を出すが、余はフラッシュバックも一緒にころしたほうがいいと考えWrath of God / 神の怒りをを見送る……残り3点なのに
余はこれで負ける。
次のドローはMortify / 屈辱、その次はThe Rack / 拷問台。
余はここにきて勝てた戦いを落としてしまう。


6ラウンド目に再びセレズニア。
1戦目はGlare of Subdual / 制圧の輝きをMortify / 屈辱で割って勝利。
2戦目はWrath of God / 神の怒りで場を流し続け粘るも、Vitu-Ghazi, the City-Tree / 都市の樹、ヴィトゥ=ガジーとGlare of Subdual / 制圧の輝きがある状況では根本的な解決にはならずに殴りきられてしまう。
3戦目にまた勝てた試合を落とす。
相手が都市の樹、ヴィトゥ=ガジーがなくクリも少ない状況でGlare of Subdual / 制圧を出す。
こっちのクリの方が多いような状況だったので少しずつなぐり続ける。
途中、Hypnotic Specter / 惑乱の死霊を出し忘れてしまう。
殴り続けるも相手のライフを削りきる前に相手がCall of the Herd / 獣群の呼び声で象を呼び、逆転されてしまう。
相手の残ライフは2…

余はなにやってんだ一体


ここで2敗してしまい、ベスト8に残れないことが確定してしまうが、どうせ今から帰ってもGvには間に合わないのでドロップせずに最後のラウンドまで戦うことにした。


7ラウンド目は永劫の輪廻/Enduring RenewalとGrapeshot / ぶどう弾とWild Cantor / 野生の朗詠者の無限コンボデッキと当たる。
一戦目はそのびっくりコンボの奇襲にあい、取られてしまうが、2戦目からはMortify / 屈辱で狙い撃ちにすればまったく問題なく勝利。



最終的な結果は5-2でベスト8漏れ。
オポが濁ってて14・5位で終了。



一文無しになったので国際展示場から徒歩で帰る。




死ぬかと思った・・・・
[PR]
by sushi133 | 2006-10-22 00:42 | MTG
<< 残念だったね 鼠よ廻せ、秒針を逆様に、誕生を... >>